2016年7月18日

株式会社シーズオブウィッシュ

アミューあつぎ 映画.comシネマ、8月に戦争映画4作品を特集上映、塚本晋也監督トークショーを開催

株式会社シーズオブウィッシュ(神奈川県厚木市、代表:青山大蔵)は、運営する映画館「アミューあつぎ映画.comシネマ」において、8月13日(土)~8月26日(金)に戦争映画を特集上映します。

 

戦後70年の節目である2015年より一年が経ち、2016年はバラク・オバマ米国大統領が現役の米国大統領として初めて広島を訪れるという記念すべき年となりました。アミューあつぎ 映画.comシネマでは、戦後71年の本年もそしてこれからも、戦禍を忘れず、戦争を語り継ぎ、議論を盛り上げていくという想いのもと、戦争映画の特集上映を行います。

 

今回の上映作品は、第二次世界大戦のフィリピン戦線を描いた『野火』(2015年)、半藤一利のノンフィクションを映画化した『日本のいちばん長い日』(2015年)、アメリカ人監督ジャン・ユンカーマンが戦中から戦後を経て現在までの沖縄の人々にスポットを当てたドキュメンタリー『沖縄 うりずんの雨』(2015年)、戦時下、日米両国で差別された日系2世たちの歴史をひもとく『二つの祖国で 日系陸軍情報部』(2012年)の4本です。8月20日(土)17時10分の『野火』上映終了後には、塚本晋也監督をお迎えしてトークショーも行います。

 

【上映スケジュール】

作品名

『野火』 8/13(土)〜19(金)13:00、8/20(土)〜21(日)17:10、8/22(月)〜26(金)13:00

『日本のいちばん長い日』 8/13(土)〜19(金)10:15、8/20(土)〜21(日)19:35、8/22(月)〜26(金)10:15

『沖縄 うりずんの雨』 8/13(土)〜8/19(金)14:55

『二つの祖国で  日系陸軍情報部』 8/20(土)〜21(日)14:05、8/22(月)〜26(金)14:55

*8/20(土) 『野火』17時10分の終映後、塚本晋也監督によるトークショー開催

 

【鑑賞料金】

一般1400円、学生・シニア(60歳以上)1000円

小学生以下500円(『日本のいちばん長い日』は入場不可)

※当日券のみ(朝9時から発売)

詳細はこちら→ http://atsugieiga.com/71-years/

【作品概要】

▼『野火』

日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追放され、野戦病院へと送られる。しかし、野戦病院では食糧不足を理由に田村の入院を拒絶。再び舞い戻った部隊からも入隊を拒否されてしまう。空腹と孤独と戦いながら、レイテ島の暑さの中をさまよい続ける田村は、かつての仲間たちと再会する。戦場で極限状態に追い込まれた人間たちが描かれる。

 

監督: 塚本晋也 

出演: 塚本晋也 リリー・フランキー 中村達也 森優作

作品データ:87分 製作年2015年 配給:エスパース・サロウ 

第70回毎日映画コンクール:監督賞&男優主演賞受賞(共に塚本晋也) 

第25回日本映画プロフェッショナル大賞:監督賞受賞、第89回キネマ旬報日本映画ベスト・テン2位

 

▼『日本のいちばん長い日』

昭和史研究の第一人者・半藤一利のノンフィクション『日本のいちばん長い日 決定版』を、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督が映画化。1945年8月15日に玉音放送で戦争降伏が国民に知らされるまでの歴史の舞台裏を描く。太平洋戦争末期の1945年7月、連合国軍にポツダム宣言受諾を要求された日本は降伏か本土決戦かに揺れ、連日連夜の閣議で議論は紛糾。結論の出ないまま広島、長崎に原子爆弾が投下される。一億玉砕論も渦巻く中、阿南惟幾陸軍大臣や鈴木貫太郎首相、昭和天皇は決断に苦悩する。

 

監督:原田眞人 出演:役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一 山崎努 戸田恵梨香 松山ケンイチ

作品データ:136分 製作:2015年 R15+ 配給:松竹、アスミック・エース

第39回 日本アカデミー賞(2016年):優秀助演男優賞受賞(本木雅弘) 

 

▼『沖縄 うりずんの雨』

「映画 日本国憲法」のアメリカ人監督ジャン・ユンカーマンが、太平洋戦争で多大な犠牲を払い、戦後70年を経た現在も平和を求めて不屈の戦いを続ける沖縄の人々にスポットを当てたドキュメンタリー。当時の戦場で向き合った元アメリカ兵と元日本兵、沖縄住民の証言を中心に、アメリカの国立公文書館に所蔵された資料映像などを交えながら、12週間の地上戦で4人に1人の住民が命を落とした沖縄戦の真実に迫る。さらに、現在にいたるまで米軍基地をめぐる負担を日米両国から強いられ続けてきた沖縄の差別と抑圧の歴史をたどり、住民たちが抱える怒りと失望の根源を探っていく。

 

監督:ジャン・ユンカーマン  音楽:小室等

作品データ:148分 製作年2015年 配給:シグロ

第89回 キネマ旬報文化映画ベスト・テン第1位(2015年)

2015年度毎日映画コンクールドキュメンタリー映画賞受賞 

 

▼『二つの祖国で 日系陸軍情報部』

太平洋戦争時、日米両国で差別された日系2世たち。兄弟が敵味方に分かれて戦った歴史をひもとくドキュメンタリー。米国陸軍の秘密情報機関「MIS(ミリタリーインテリジェンスサービス)」の中心メンバーだった日系2世の元兵士たちの証言をもとに、太平洋戦争時の米国側の極秘情報も取り上げて描く。米国籍をもちながらも人種差別を受けていた日系2世たちは、自身の祖国である米国のため、両親の祖国・日本との戦争を受け入れた。長く沈黙していた80人近い元兵士にインタビューを敢行し、2つの祖国への思いを聞く。

 

監督:すずきじゅんいち 

出演:ダニエル・イノウエ ハリー・アクネ ノーマン・ミネタ ジェイク・シマブクロ グラント・イチカワ タムリン・トミタ

音楽:喜多郎

作品データ:100分 製作年2012年 配給:フイルムヴォイス株式会社

第25回東京国際映画祭