2016年3月23日

株式会社シーズオブウィッシュ

シーズオブウィッシュ、「町田駅前まほろダイニングシアター」の企画・番組編成支援

5/3(火・祝)~5/5(木・祝)に『はなちゃんのみそ汁』『サウダーヂ』を上映

 

株式会社シーズオブウィッシュ(神奈川県厚木市、代表:青山大蔵)は、まほろ座 MACHIDA(東京都町田市、座長:中村惠氏)が運営する「町田駅前まほろダイニングシアター」の番組編成・企画協力を行います。第1弾として、5/3(火・祝)~5/5(木・祝)に『はなちゃんのみそ汁』と『サウダーヂ』を上映します。

 

「町田駅前まほろダイニングシアター」は、ライブ&レストラン「まほろ座 MACHIDA」の新たな形態として、2016年3月にオープンしました。映画館を失った現在の町田駅前で、150インチのスクリーン、上映作品に合わせた食事など、大勢で映画と食事を楽しむ場を定期的に提供するものです。

 

シーズオブウィッシュは、厚木市の映画館再生事業である「アミューあつぎ 映画.comシネマ」運営のノウハウを生かし、企画協力と番組編成を行います。今後も映画館を失った街の映画館再生事業や上映支援を通じて、地域コミュニティづくりに貢献してまいります。

 

【スケジュール】

2016年5月3日(火・祝)・4日(水・祝)・5日(水・祝)

・昼の部 映画『はなちゃんのみそ汁』

開店11:30〜オーダースタート/上映12:30 〜(閉店16:00 ラストオーダー15:30)

・夜の部 映画『サウダーヂ』

開店17:00〜オーダースタート/上映18:00〜(閉店22:00 ラストオーダー21:30)

【会場】

まほろ座 MACHIDA(東京都町田市森野1-15-13 パリオビルB1)JR・小田急線町田駅前

【料金】

一般:¥1,000(別途2オーダー)

小学生以下:¥500(別途2オーダー) ※3歳以下の入場不可

*前売り特別価格・発売日:後日発表

チケット予約はこちらから

 

【上映作品】

『はなちゃんのみそ汁』(2015年/日本/118分)

33歳でがんのためこの世を去った千恵。5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログを基にしたエッセイ「はなちゃんのみそ汁」は大きな話題を呼び、ついに映画化された。小さな娘を残して旅立たねばならないという母親の身を引き裂かれるような悲しみを、みそ汁づくりを通じてユーモアと愛情いっぱいに描き出した。広末涼子、滝藤賢一らが出演。

 

『サウダーヂ』(2011年/日本/167分)

サウダーヂとはポルトガル語で「郷愁」の意。長引く不況、移民、空洞化問題を抱える山梨県甲府を舞台に、土木建築業で働く外国人労働者たちが懸命に生きる姿や、荒廃していく町で居場所を探し続ける若者たちの姿が映し出される群像劇。富田監督がリサーチに1年を費やし、さらに撮影に1年半かけたという渾身の作品。

 

■まほろ座 MACHIDA 

小田急線町田駅前の創業41年の老舗ビル「町田パリオ」の地下一階にある、生演奏と本格料理が楽しめるライブ&レストラン。2015年9月にオープン。同ビルオーナーでまほろ座の座長である中村惠氏は、「人間味あふれるあたたかい街づくりで、先人たちから渡されたバトンを次世代に繋ぎたい」と世代・性別・ジャンル・時代を超えて架け橋となるよう願いを込める。

ウェブサイト:http://www.mahoroza.jp

 

■株式会社シーズオブウィッシュ

シーズオブウィッシュは、厚木市の「アミューあつぎ 映画.comシネマ」を運営するとともに、映画館を失った街の映画館再生事業を通じて、文化振興と社会福祉が共存する地域コミュニティづくりに貢献します。

 

まほろ座 MACHIDA
まほろ座 MACHIDA